本文へ移動

宝物殿

大正13年には、北白川宮大妃殿下が御参拝。その際に、宝物の寄進があり、宝物殿を設置し、次いで養老文庫を設けました。
神狐彫刻・神狐子連彫刻や、津和野藩の天文・算術の大家であった堀田仁助が作り、城主に献納したものを亀井家より御奉納いただいた天球儀・地球儀、また同じく亀井家よリ奉納された、本社勧請の亀井家八代の城主矩貞公が御着用になった甲胃をはじめ、特別社宝88点、書画77点、美術工芸品58点、その他16点が収蔵されています。
宗教法人 太鼓谷稲成神社
〒699-5605
島根県鹿足郡津和野町後田409
TEL.0856-72-0219
FAX.0856-72-3105
TOPへ戻る