太皷谷稲成神社秋季例祭 11月15日(水)午前10時

       秋季大祭 11月16日(木)午前11時より斎行

雨天下の大祭

一年で一番大きな大切なお祭りです。

前夜祭を14日午後3時に斎行します。

秋季例祭を15日午前10時に斎行ののち、

境内駐車場にて津和野産の里芋の入った芋煮が振る舞われます。(なくなり次第終了します)

秋季例祭 こども神輿

午後1時より子供みこしが神社を出発し町内をまわります。

gozinko

午後2時より御神幸祭を斎行します。

お神輿の巡る殿町通りは通行止めとなり、朝から数々の屋台が立ち並び、見物客で賑わいます。

dscf1642%ef%bc%92(※写真は9/23神田祭での“もちまき”の様子)

午後3時半頃、御神輿の通り道である殿町通りの三ヶ所にて“もちまき”を行います。

神田で収穫されたミコトモチ(もち米)を用いて作りましたひとくち紅白餅が総量90kg、見物客の皆様の頭上に雨あられと降り注ぎます。

どうぞ奮ってご参加下さい。

11月16日は秋季大祭を午前11時より斎行します。

 

 

例祭・大祭の奉仕に伴い、以下の時間帯は車のお祓いを中止致します。

15日: 9:00〜12:00

16日:10:00〜12:00

新車の交通安全祈願にお越しの方は、どうぞ当該時間帯を避けてお申し込み下さい。

 

 

大祭の御案内ハガキが届きました崇敬者の皆様には、

ご参列の旨と直会弁当数(ハガキ一枚で三折まで)をご記入の上、期日までにご返送頂きますと、

ご参列の日に直会弁当をご用意し、儀式殿一階の宝物殿前にてお渡し致しております。

儀式殿三階には直会会場を設け、お席と御神酒をご用意してお待ちいたしております。

どうぞ大祭の賑わいそのままに、直会の席をお囲み下さい。